頭皮のできものはなぜできる?頭皮ニキビや吹き出物の原因と治し方

こんにちは、テツです。

あなたは頭皮にできものができた経験はありますか?おそらく一度くらいはできたことがあるかと思います。

できたことがある人は分かると思いますが、頭皮にできものができると、とにかく痛いです。

特にふいに指が当たってしまったときなんかには、かなりの痛みを伴うことがあります。

そのため、多くの人は頭皮ニキビや吹き出物をできるだけ無くしたいと思っているでしょう。

ですが、頭皮トラブルが起きやすい生活を送っている人は、どうしてもすぐにニキビや吹き出物ができてしまいます。

なかには慢性化してしまって、常に頭皮にできものがある人もいるでしょう。

実は私自身、そのような時期がありました。常に頭皮にニキビや吹き出物がたくさんできている状態です。

頭皮ニキビや吹き出物の厄介なところは、痛みを伴うだけではなく、抜け毛や薄毛のリスクもあるところです。

とにかく悪いことだらけですから、頭皮のできものは一刻も早く改善するべきです。

今回は『頭皮ニキビや吹き出物ができる理由とその治し方』について紹介したいと思います。

頭皮に吹き出物やニキビができやすい理由

そもそも、頭皮自体ニキビや吹き出物ができやすい部位と言えます。

その理由には以下のようなものが考えられます。

毛穴の数が多い

頭皮は身体の中でも、特に毛穴が多い部位です。

そして、ニキビや吹き出物は毛穴に皮脂や汚れが詰まることでできます。

つまり、毛穴の数が多いという時点で、ニキビや吹き出物ができやすいのも当然と言えるでしょう。

皮脂が分泌しやすい

毛穴の数と同時に、頭皮は皮脂が分泌しやすい部位でもあります。

毛穴の数が多いから皮脂が分泌しやすいとも言えるかもしれませんが、どちらにせよ皮脂が分泌しやすいと、頭皮トラブルも起きやすくなります。

ニキビや吹き出物を含む多くの頭皮トラブルには、皮脂が関わっていることが多いのです。

シャンプーによる影響

実はシャンプーには洗浄力の強いものが多く、市販でよく見かける安価なシャンプーは頭皮に負担をかける成分が含まれています。

もちろん肌が強い人や頭皮環境が整っている人であれば、さほど影響は受けないかもしれません。

ですが頭皮ニキビや吹き出物ができやすい人は、シャンプーによる影響を受けやすいでしょう。

特にシャンプーは毎日使うものですから、その影響は大きくなります。

髪の毛に覆われている

頭皮ほど体毛に覆われた部位は他にありません。実はこれも、頭皮トラブルが起きやすい理由の一つでもあります。

まず皮膚のトラブルは細菌の繁殖によって引き起こされたり、悪化したりすることがあります。

そして細菌は湿度の高い環境で繁殖しやすくなります。

髪の毛に覆われているということは、頭皮が蒸れやすいということでもあります。

つまり湿度が高くなりやすい頭皮は、皮脂や汚れによって細菌が繁殖しやすいのです。

ちなみに、帽子が頭皮に悪いと言われるのも、このような理由があるからです。

※ニキビ用の塗り薬は厳禁!

頭皮のニキビや吹き出物を防ぐには、さまざまなことに気をつかう必要がありますが、その前に一つ注意すべきことをあげておきます。

ニキビや吹き出物を治す場合によく用いられるのは、塗り薬だと思います。

そのため頭皮に塗り薬を使用している人は少なくないと思いますが、実はこれ、あまりしないほうがいいのです。

理由は以下の2つです。

油分が多いことが頭皮トラブルの原因に

ニキビに使われる塗り薬には、油分を多く含むものも多いです。

ですが先ほども言った通り、頭皮トラブルは皮脂が原因で起こることが多いです。

このような頭皮に対して、さらに油分を増やしてしまうと、頭皮トラブルをさらに悪化させてしまうことがあります。

たとえば、ロナインをニキビに使う人もいるかと思いますが、油分を多く含むオロナインはニキビを悪化させるとも言われます。

そもそもオロナインはニキビ用の薬ではないのですが、このような塗り薬は頭皮に使うべきではないでしょう。

薬を塗った部分がハゲる!

冒頭でも少し触れましたが、頭皮のニキビや吹き出物には抜け毛や薄毛のリスクがあります。

これは繰り返されるニキビによって、どんどん頭皮の毛穴がダメージを受け、毛髪が育ちにくくなるからです。

そして私の場合には、頭皮に塗り薬を使用することで、小さなハゲができることがありました。

ニキビができた部分に皮膚科でもらったニキビ用の塗り薬を塗ると、そのニキビが治ると同時に、その部分だけハゲてしまっていたのです。

もちろん毎回ハゲるわけではありませんが、何度か同じようなことがありました。

塗り薬でハゲるなんてことは聞いたことがなかったので、最初はたまたまかと思っていました。

ですが念のため塗り薬の使用をやめると、その後ハゲはできなくなったのです。

そのときに私の中では塗り薬でハゲたということが確信に変わったのですが、正直この理由に関してはよく分かりません。

そのため絶対使うなとは言いませんが、もし私と同じように小さなハゲができているようであれば、すぐに使用を中止すべきでしょう。

頭皮の状態は自分では確認しづらいため、見落としがないよう慎重に行うようにしてください。

頭皮の吹き出物やニキビを治すには?

ではここから、具体的に頭皮ニキビや吹き出物を治す方法について紹介したいと思います。

頭皮ニキビに限らず、頭皮をすこやかに保つために必要なことでもあるので、しっかり確認しておいてください。

適切なシャンプーを使用する

頭皮トラブルにおいて欠かせないのが、シャンプーに気をつかうことです。

先ほど言ったように、世の中には頭皮に悪いシャンプーが多く出回っています。

おそらくシャンプーにこだわらず適当に選んでいるような人は、ほとんどの場合頭皮に悪いシャンプーを使っているでしょう。

このようなシャンプーを使っていては、ニキビや吹き出物は繰り返しできてしまいますので、頭皮に良いシャンプーを使う必要があります。

シャンプーについて詳しく知りたい人は

頭皮湿疹におすすめのシャンプー&絶対に使ってはいけないシャンプー 

という記事を読んでみて下さい。

ここで紹介しているシャンプーは、頭皮ニキビや吹き出物がある人にとってもオススメのシャンプーですので参考になるはずです。

時間をかけて丁寧な〇〇を行う

すすぎに時間をかけることは、洗髪において非常に重要なことです。

仮にいくら良いシャンプーを使っていたとしても、すすぎが甘くすすぎ残しがあると、確実に頭皮にダメージを与えます。

もちろん丁寧と言っても、ゴシゴシ擦るのはだめですから、そのぶん時間をかけてキレイにすすぐといったイメージです。

目安としては、シャンプーの倍くらいの時間はかけていいでしょう。

洗髪後、頭皮を〇〇する

洗髪後の頭皮は乾燥しやすいです。

乾燥は皮脂の過剰分泌やかゆみを引き起こす可能性があります。

これらは頭皮ニキビや吹き出物にとっても悪影響ですから、保湿をしてあげることで、より頭皮環境は整えられていくでしょう。

ちなみに頭皮ニキビに悩む人であれば、ルプアクア で保湿を行うとよいでしょう。

ルプアクアは、頭皮ニキビ専用のローションです。

先ほど言ったように、普通の塗り薬は頭皮には使いづらいく、なかなか頭皮に使えるケア用品は見つかりません。

そんな中でルプアクアのような頭皮ニキビ用に作られているローションはかなり珍しいです。

頭皮ニキビのケアを行うのであれば、ルプアクア一択ではないかと思います。

また仮にルプアクアが合わなくても、しっかり返金保証が付いているため安心して使用できます。

合わなければ返金保証を利用すればいいわけですから、一度試してみて損はないでしょう。

ルプアクア

湯シャンを取り入れる

最後になりますが、湯シャンを取り入れるというのも一つの手です。

湯シャンというのは、シャンプーを使わずにお湯のみで洗髪を行うことです。

実は湯シャンによって頭皮環境が良くなるということもあるのです。

ただし同時に、湯シャンが頭皮トラブルにつながるというリスクもあるので注意が必要です

また、湯シャンをするとしても、いきなり完全に湯シャンのみでの洗髪に切り替えるのは現実的ではありません。

頭皮トラブルにつながるリスクも高まるでしょう。

そのため基本的には、シャンプーと湯シャンを交互に使いながら、自分に合った頻度を見つけていく必要があります。

2日に一回づつシャンプーと湯シャンを交互に行ったり、3日に一回シャンプーを行うなど、さまざまなパターンを試してみたほうがいいでしょう。

ただしこれまでシャンプーにすら気をつかったことがなかったという人は、シャンプーを変えることが先だということを忘れないでください。

まずはシャンプーを変えてみて、経過をみるべきでしょう。

早め早めの対策がおすすめ

以上、頭皮ニキビや吹き出物ができやすい理由と治し方についてでした。

繰り返しになりますが、頭皮トラブルは一度出始めると、どんどん厄介になっていきます。

放っておけば深刻な問題になっていく可能性もあります。

これは私自身後悔していることでもありますので、できるだけ早め早めに対策していくことをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする