危険!枕カバーを交換していないと脂漏性皮膚炎が悪化するかも?

こんにちは、テツです。

突然ですが、あなたは枕カバーをどれくらいの頻度で洗濯・交換をしていますか?

2,3日に一回、1週間に一回、もしくはそれ以上という人もいるでしょう。これに関しては、かなり個人差が大きいのではないかと思います。

私は脂漏性皮膚炎になって以来、さまざまなことに気を遣ってきましたが、枕カバーの交換もその一つです。

今回は脂漏性皮膚炎と枕カバーの関係性について紹介したいと思います。

枕カバーを交換していない場合…

枕カバーの交換頻度は個人差が大きいと言いましたが、おそらく一週間以上交換しないという人も多いのではないかと思います。

なかには、一週間どころかほとんど交換しないという人もいるでしょう。実は、脂漏性皮膚炎になる前の私がそうでした。(今思えばかなり不衛生でした….)

ですが、現在の私は複数の枕カバーを使い、毎日欠かさず交換しています。

なぜここまで徹底するようになったのかと言うと、自分が思っている以上に枕は不衛生だということを知ったからです。

とある調査では、枕カバーを洗濯せずに使用し続けた1週間後には、120匹以上のダニが存在していたという例もあるようです。

また、人は寝ている最中に多量の汗をかいており、枕にはその汗や皮脂が付着しています。

これをそのまま放置していれば当然不衛生な状態になり、細菌の繁殖なども起こります。

脂漏性皮膚炎の人がこのような枕を使っているとどうでしょう?確実に悪影響だと思いませんか?

それほど大きな影響ではないとしても、毎日使っていれば頭皮のかゆみが増したり炎症を悪化させたりということも考えられます。

私はこれを知ってから、毎日欠かさず枕カバーを替えるようにしました。

抗菌や殺菌なども大事ですが、それ以前にこのような衛生面に気を遣うことも、脂漏性皮膚炎においては重要なのです。

お手軽な方法(枕カバーの代用)

枕カバーを交換したほうが良いということは分かっていただけたかと思いますが、「正直、毎日は面倒くさいな….」と思った人もいるでしょう。

そのような人は、枕カバーではなくタオルを使ってみてください。

私も一時期はタオルを使っていたのですが、枕カバーと比較すると毎日の取り換えがラクです。

ただし、ある程度幅と長さのあるタオルでないと使いにくいと思うので、枕のサイズに合わせたタオルを用意するのが少々面倒かもしれません。

そのような意味では、用意するのは普通の枕カバーのほうが簡単でしょう。

毎日交換する場合には、最低でも3つくらいは枕カバーやタオルが必要になりますからね。

なので、まずは家に丁度いいサイズのタオルが無いか探してみましょう。

そして、枕カバーと合わせて交互に使ってみて、自分が使いやすいと感じたほうを使っていけば良いかと思います。

できれば毎日交換しよう!

以上、枕カバーと脂漏性皮膚炎の関係性についてでした。普通の人であれば、2,3日に一回くらい交換できていれば十分でしょう。

脂漏性皮膚炎の人であっても、それくらいの頻度で交換できていれば問題はないかもしれません。

ですが実際に自分の枕がどれくらい不衛生であるか、どれくらい悪影響を及ぼしているかなどは簡単に測れるものではありません。

そして、枕カバーの場合には、交換しすぎがいけないなんてことがありません。

そのため、できることなら毎日交換していたほうが良いのではと思います。枕カバーの交換なんて大した作業ではないですから。

もし、これから意識的に枕カバーの交換を行うのであれば、できれば毎日交換することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする