普通の保湿クリームはダメ!脂漏性皮膚炎に使うならコレ!

こんにちは、テツです。

基本的に脂漏性皮膚炎は保湿をしてあげたほうが良いのですが、なかには間違った保湿を行い症状を悪化させている人もいます。

今回は『間違った保湿方法』や『脂漏性皮膚炎にオススメの保湿アイテム』などについて紹介したいと思います。

脂漏性皮膚炎はインナードライであることも多い

脂漏性皮膚炎はその名の通り、皮脂によって引き起こされる皮膚のトラブルです。

そのため、皮脂を落とすことに力を入れる人もいるようですが、実は脂漏性皮膚炎の人はインナードライであることも多いのです。

インナードライとは、皮膚の表面は皮脂の過剰分泌によって潤っているのに、その内側は潤いが不足し乾燥している状態のことを指します。

これは、乾燥した肌に対して身体が「保湿しなければ!」と必死で皮脂を分泌してしまうために起こると言われます。

インナードライは肌の表面が皮脂で覆われているため、本当は乾燥しているということに気づかないケースも多いです。

そのせいで、皮脂を取り除きすぎてしまい、再び皮脂の過剰分泌を促してしまうという悪循環に陥ることもあります。

言うまでもありませんが、これを防ぎたければ、乾燥した肌の内側に潤いを与える必要があります。

間違った保湿は脂漏性皮膚炎を悪化させることも

以上のような理由から保湿は必要なのですが、脂漏性皮膚炎の場合には間違った保湿方法によって症状を悪化させてしまうことも少なくありません。

一番避けたい保湿方法は、油分が多く含まれた保湿剤を使ってしまうことです。

馬油やホハバオイルが脂漏性皮膚炎に効くといった情報を聞いたことはないでしょうか?

これらは高い保湿力や殺菌&抗菌効果などによって脂漏性皮膚炎に良いと言われることがあるのですが、実際には症状を悪化させるリスクが高いです。

実際にオイルを使うことによって脂漏性皮膚炎が悪化したという人は多いですし、私自身もオイルの使用によって脂漏性皮膚炎が悪化しかけました。

そのため本当に脂漏性皮膚炎を治したいのであれば、適切な保湿方法によってケアをしてあげる必要があります。

脂漏性皮膚炎に適した保湿クリームとは?

ここまで紹介したとおり、油分が多く含まれる保湿は脂漏性皮膚炎を悪化させる可能性があります。

そのため保湿クリームも基本的には使わないほうが無難でしょう。保湿クリームにも油分が多く含まれるものは多いです。

もし肌の内側までしっかりと保湿をしたければ、普通の保湿クリームではなくシュセラ モイストゲルを使用することをオススメします。

シュセラモイストゲルも保湿クリームのようなものと思うかもしれませんが、実際にはジェルであり、クリームとは違います。

そしてこのクリームをオススメするポイントは、天然ヒト型セラミドをはじめとする多くの保湿成分が含まれていることです。

脂漏性皮膚炎の肌には、角質層にあるセラミドという成分が不足していることが多いと言われます。

これによって肌の内部は常に乾いた状態になるため、皮脂の過剰分泌が起こってしまいます。

そのためセラミド不足を補う必要があるのですが、セラミドを補うのは意外と難しいのです。

それこそセラミド配合と書かれた安価な化粧品を使用しても、実際にはほとんどセラミドは補われないと思ったほうがいいくらいです。

これはセラミドにもいくつか種類があり、どのセラミドがどれくらいの割合で入っているかなどが影響するからです。

ちなみに一般的な化粧品に含まれるセラミドは、保湿力の低い合成セラミドや植物セラミドが使われているようですが、シュセラモイストゲルには高い保湿力を持つ天然ヒト型セラミドが多く含まれています。

さらに水に溶けやすい水溶性セラミドとスーパーヒアルロン酸(ヒアルロン酸の2倍の保湿力)も合わせて配合されているため、保湿力に関しては申し分ないでしょう。

逆にいえばセラミドを補いたければ、これくらいのクオリティの化粧品を使用したほうが良いということです。

もし脂漏性皮膚炎に効く保湿クリームを探していたのであれば、一度 シュセラ モイストゲル を試してみることをおすすめします。

シュセラ モイストゲル

保湿クリーム以外の化粧品も

脂漏性皮膚炎に有効なのは、何もシュセラモイストゲルによる保湿だけではありません。

たとえば、脂漏性皮膚炎の原因である真菌に働きかけるような化粧水もありますし、肌の赤みを抑える化粧水もあります。

脂漏性皮膚炎が頭皮に出ているようであれば、頭皮用のローションを使ったほうが良いです。

ひとことに脂漏性皮膚炎といっても、どの化粧品がふさわしいかは人によって異なります。

このような化粧品に関して詳しく知りたいという方は、こんな化粧水もあった!脂漏性皮膚炎に効くおすすめの化粧品まとめを参考にしてみて下さい。

今回の記事を参考にぜひ脂漏性皮膚炎に相応しい保湿を行っていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする