湯シャンが逆効果というのは嘘だった!3ヶ月試した結果とその効果

こんにちは、テツです。

 

湯シャンは頭皮に良いと言われることが多く、一時期は芸能人もしているということで話題になりました。

 

ですがその一方、「湯シャンは逆効果」「湯シャンの効果は嘘」などと言われることもあります。

  

実際、湯シャンには頭皮トラブルを招くリスクもあり、私自身も一度湯シャンで失敗しています。

 

 

そんな湯シャンですが、私が改めて3ヶ月ほど試してみた結果、予想以上に良い効果がありました。(湯シャンは現在も継続中であり、おそらくずっと続けるのではないかと思っています。)

 

今回はその報告として、 私が3ヶ月湯シャンを試してみた結果、どのような効果があったか ということや、適切な湯シャンの方法 などついて紹介したいと思います。

湯シャンが逆効果と言われる理由

私の湯シャンの結果を紹介する前に、まずは湯シャンが逆効果だと言われる理由について説明しておきます。

 

先ほど言ったように、湯シャンには頭皮トラブルを招くリスクがあるため、誰が試しても上手くいくというわけではありません。

 

その人の頭皮の状態や生活環境、湯シャンの方法などによっては、頭皮トラブルを引き起こすこともあります。

 

ちなみに、湯シャンの方法においては、以下のようなものに気をつけなければなりません。

 

 

・お湯の温度が熱すぎる or ぬるすぎる

・湯シャンをする時間が短い

・いきなりシャンプーを完全にやめてしまう

・整髪料やヘアケア用品を使った髪に湯シャンを行う

 

 

以上のような方法は、湯シャンとしては不適切であり、逆に頭皮環境を悪くしてしまうことがあります。

 

特に、すでに頭皮トラブルを抱えているような人は、頭皮が敏感な状態になっていますから、湯シャンによって症状が悪化する可能性は高いです。

 

適切な湯シャンの方法については後ほど紹介します。

私も一度、湯シャンで失敗した

冒頭でも少し触れましたが、実は私自身、以前に湯シャンで失敗したことがあります。

 

当時の私は、脂漏性皮膚炎や吹き出物といった頭皮トラブルを抱えており、湯シャンの方法に関しても、細かいことは考えず適当な湯シャンをおこなっていました。

 

その結果、すでにデリケートな状態であった私の頭皮は、脂漏性皮膚炎や吹き出物などの症状が余計に悪化してしまったのです。

 

 

もし、あなたが現在なにかしらの頭皮トラブルを抱えているなら、ある程度症状が治まるまでは様子を見たほうがいいでしょう。

 

湯シャンを試すのであれば、症状が軽度になってから慎重に試してみたほうが良いです。

3ヶ月湯シャンを試した結果&効果

一度は湯シャンで失敗した私ですが、頭皮トラブルがある程度治まった後、改めて慎重に湯シャンを試してみることにしました。

 

今回は湯シャンの方法にも気をつかい、後ほど紹介する適切な湯シャンを意識して行いました。

 

その結果、予想以上に良い影響を感じでいます。

 

今回感じた影響は大きく分けて4つです。一つずつ紹介していきます。

頭皮が青白くなった

頭皮環境によって頭皮の色が変化するのはご存じでしょうか?

 

健康的な頭皮は青白い色をしているのですが、私の場合は多少肌色(茶色)っぽい色をしていました。

 

 

これは、以前抱えていた頭皮トラブルによる影響です。

 

頭皮環境が良くないと、茶色っぽい色や赤みを帯びた頭皮になってしまうのですが、湯シャンを3ヶ月取り入れてみたら、明らかに頭皮の色に変化を感じました。

 

これは、確実に頭皮環境が良くなっている証拠でもあります。

フケやかゆみがなくなった

湯シャンを始める前から、私の頭皮トラブルはある程度改善していました。

 

ですが、フケや頭皮のかゆみが完全に消えていたわけではありません。

 

日によって、調子が悪いときにはかゆみを感じることもありました。

 

 

これが、湯シャンを始めて1ヶ月ほど経つと、かゆみを感じることがほとんどなくなりました。

 

「かゆみが減った気がする」というレベルではありません。明らかに減ったのです。

 

これによって、確実に頭皮環境が良くなっていると私は感じました。

頭皮のニオイが消えた

湯シャンを取り入れる前は、夕方くらいになって頭皮を触ると、皮脂のニオイが出ていました。

 

ですが、湯シャンをはじめてからは、頭皮からのニオイが出にくくなったのです。

 

基本的に、頭皮のニオイを改善するのは簡単ではありません。

 

湯シャンの効果はそれくらい大きいということです。

髪にコシが出てきた

湯シャンの効果として、もっとあげられるのは毛髪への効果でしょう。

 

湯シャンを取り入れることによって薄毛が改善すると言われることがありますが、私自身、実際に髪にコシが出ているように感じました。

 

湯シャンによって、毛髪が育ちやすい頭皮環境が作られているのではないかと思います。

湯シャンのデメリット

湯シャンによって得られる効果の大きさは分かっていただけたかと思います。

 

ですが、湯シャンにはデメリットというか、不便な点もあるので、一応それも紹介しておきます。

整髪料やヘアケア用品は使えない

湯シャンを行う場合には、整髪料やヘアオイルを使ってはいけません。

 

もし、これら毎日使っているのであれば、湯シャンを取り入れることはできないでしょう。

 

「湯シャンを行う日は整髪料を使わない」といった工夫が必要になります。

最初は頭皮や髪の状態が悪くなったように感じる

湯シャンを取り入れてすぐは、頭皮や髪の状態が悪くなったように感じます。これは私の場合もそうでした。

 

特に髪に関しては、かなりキシんだ状態になることもあります。

 

ある程度の期間湯シャンを続けていくと改善されるのですが、その前に湯シャンをやめてしまう人も多いようです。

 

そのため、もし湯シャンを始めるなら、連休や長期休暇の初日からスタートしたほうが良いでしょう。

効果が出る湯シャンの方法

私の結果を聞いて、大げさと感じた人もいるかもしれません。

 

ですが、全く大げさに書いているわけではなく、本当に私が湯シャンによって得られた効果なのです。

 

 

もちろん、このような効果を得られたのは、自分に合った湯シャン方法を考えながら、より効果的な湯シャンを行ってきたからです。

 

湯シャンの方法に気をつかっていなければ、おそらく得られる効果も半減していたでしょう。

 

場合によっては逆効果になっていたかもしれません。

 

 

そのため、湯シャンの効果を発揮したければ、自分に最適な方法を探りながら、慎重におこなっていく必要があります。

 

 

ちなみに、私が湯シャンを行う上でに気をつかってきたのは以下のようなことです。

 

 

・シャワーの温度

・時間をかけて丁寧に洗う

・湯シャンとシャンプーどちらも使う

・自分にとって適切なシャンプーの頻度を探る

 

 

適切な湯シャンの方法については、

湯シャンの正しいやり方はこうだ!効果的な湯シャンの方法 という記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

繰り返しになりますが、人によって最適な湯シャンの方法は異なります。

 

人によっては湯シャン自体合わない場合もあるようですから、あくまで慎重に行うようにしてください。

 

興味がある人はぜひ、今回紹介したことを参考に湯シャンを試していただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする