頭皮が出血する原因と改善方法:気づいたら血が出ている人は注意!

 

こんにちは、テツです。

 

私は長年、頭皮のトラブルに悩まされてきました。

 

さまざまな症状があらわれていましたが、そのなかの一つに、頭皮からの出血があります。

 

 

出血といっても、ダラダラと血が垂れてくるわけではありませんが、ふと気づいたときに、少しだけ血が滲んでいるといった感じです。

 

血が固まって頭皮に付着していることもありました。

 

 

おそらく、今この記事を読んでいるあなたも、同じような経験をしているのではないでしょうか?

 

今回は、この頭皮からの出血が何なのか ということについて、私自身の経験を交えながら紹介したいと思います。

原因は頭皮湿疹や吹き出物?

頭皮の出血には、さまざまな原因が考えられます。

 

そのため一概にコレとは言えませんが、一つ確かなのは、頭皮環境が悪くなっているということです。

 

程度には個人差があるとは思いますが、多少なりとも頭皮環境が悪くなっているはずです。

 

 

ちなみに、私の場合だと頭皮ニキビや吹き出物に加えて、脂漏性皮膚炎が併発していました。

 

このような頭皮のトラブルによって、頭皮が炎症を起こし傷つき、出血することがありました。

放っておくと、深刻な頭皮トラブルにつながることも

頭皮のトラブルと言っても、軽い吹き出物から深刻な皮膚炎まで、さまざまなものがあります。

 

たとえば、以下のような皮膚炎になっている場合、薬に頼らなければならないこともあります。

 

・脂漏性皮膚炎

・接触性皮膚炎

・アトピー性皮膚炎

・皮脂欠乏性皮膚炎

 

先ほどから言うように、頭皮の出血が起こるのは、頭皮環境が悪いということでもあります。

 

これは、放っておくと深刻な頭皮トラブルにつながる可能性もあります。

 

そして、頭皮の出血頻度が高いほど、深刻な頭皮トラブルに発展している可能性も高いと言えるでしょう。

 

また、出血と同時に、膿のような汁が出ているような場合も、深刻な頭皮トラブルである可能性があるので注意が必要です。

 

どちらにしろ、早め早めに対策していくべきでしょう。

頭皮の出血を改善するには?

この頭皮の出血を改善するために必要なのは、頭皮環境を整えることです。

 

もちろん細かいことは色々とありますが、根本的な原因をなくすためには、結局頭皮環境を改善していく必要があります。

 

頭皮環境を改善する方法については、

【頭皮湿疹の治し方まとめ】私の頭皮湿疹はコレで治った!原因&改善策 】という記事が参考になるかと思います。

 

この記事で紹介している頭皮湿疹の治し方は、頭皮環境の改善方法でもありますから、合わせて読んでおいてください。

 

 

また、もし出血頻度が高いようであれば、一度皮膚科で診てもらったほうが良いかもしれません。

 

先ほど言ったように、場合によっては一時的に薬に頼ったほうがいいこともあるからです。

 

 

ただし、一つ注意しておいてほしいのが、深刻な頭皮トラブルであったとしても、薬だけでは治らないということです。

  

ひどい症状をある程度抑えるくらいであれば薬は有効ですが、しっかり治そうと思うなら、結局頭皮環境を改善していかなければなりません。

 

薬を使用するだけでは頭皮環境は改善しません。頭皮環境の改善には、自分自身で行うケアが必ず必要になります。

 

そのため、先ほど紹介した【【頭皮湿疹の治し方まとめ】私の頭皮湿疹はコレで治った!原因&改善策 】という記事には、一度は目を通しておいてほしいです。

 

 

また、皮膚科で診てもらう際には少し注意点があります。

 

実は、頭皮のトラブルには誤診も多いため、できれば複数の皮膚科で診てもらった方がいいでしょう。

 

私自身、皮膚科で誤診され、自分の症状が何なのか分かったのは、3つの皮膚科をまわったあとでした。

 

そして、私と同じように誤診されたという人は少なくありません。

 

診察が間違っていると、適切な薬も出してもらえないため注意してください。

 

 

 

今回の内容をまとめると、

 

・頭皮の出血は頭皮環境の乱れであるため、頭皮環境を整える必要がある

・症状がひどい場合には一度皮膚科で診てもらう

・皮膚科に頼るだけでは症状は治らないため、セルフケアによる頭皮環境の改善は必須

 

といった感じでしょうか。

 

頭皮の出血が気になっている人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする