脂漏性皮膚炎にニゾラールは効かない?悪化することはあるのか

 

こんにちは、テツです。

 

脂漏性皮膚炎の治療にはさまざまな薬が使われますが、その中でも特によく使われているのがニゾラールです。

 

私自身ニゾラールを処方され、脂漏背皮膚炎になってからの最初の1~2年くらいはずっと使っていました。

 

ですが、これだけ定番でありながら

「ニゾラールが効かない」「ニゾラールのせいで悪化した」といった意見を目にすることもあります。

 

そこで今回は、『ニゾラールの効果&実際に効くのか』ということについて、私自身の経験も交えながら紹介したいと思います。

脂漏性皮膚炎といえばニゾラール

先ほど言ったように、「脂漏性皮膚炎と言えばニゾラール」というくらいにニゾラールは定番の薬です。

 

ニゾラールの効果は、簡単に言うと真菌を殺菌するための薬です。

 

脂漏性皮膚炎の原因と言われる真菌、マラセチアを抑えるための薬ですから、皮膚科でよく処方されるのも当然でしょう。

 

また、ニゾラールはステロイドと違って、副作用が少なく使いやすいです。これもニゾラールがよく使われている理由の一つでしょう。

 

私自身、ほかの皮膚トラブルが併発しステロイドが使用できませんでしたが、ニゾラールは問題なく使用できました。

ニゾラールが効かない?むしろ悪化した?

ここまでの内容だと、ニゾラールは脂漏性皮膚炎にめちゃくちゃ効く薬だと思うかもしれません。

 

ですが、実際には効果をあまり感じない人や、なかには症状が悪化したという人までいます。

 

 

これにはいくつか理由が考えられると思いますが、大きく分けると以下の3つが原因ではないかと思います。

 

・ステロイドのような即効性がないから

・一部、ニゾラールが合わない人がいる

・そもそも、脂漏性皮膚炎自体が簡単に治るものではないから

 

 

まず、ニゾラールはステロイドのような即効性はなく、その効果もゆるやかなものです。そのため、効果を実感しにくい人もいるのでしょう。

 

また、いくら副作用が少ないと言えど、中にはニゾラールが合わない人もいるようです。

 

これはニゾラールに限らず、どんな薬においても言えることなので仕方ないかと思います。

 

実際に、ニゾラールによって肌が荒れたり症状が悪化したりという例はあるようなので、注意しておいた方がよいでしょう。

 

 

そしてもう一つ、そもそも脂漏性皮膚炎自体が治りにくいものであるため、ニゾラールが効かないと感じる人が多いのではないかと思います。

 

私もそうでしたが、ニゾラールを使い続けただけでは脂漏性皮膚炎が治ることはありませんでした。

 

 

もちろん一定の効果はありましたし、ある程度症状を軽くすることにはつながったと思います。

 

ただ、効果がゆるやかであるため、そこまで効果的だったという実感がないのも事実です

 

 

また、薬は使い続けていくうちに、その効果が薄れていきます。

 

このようなこと加えて、脂漏性皮膚炎の治りにくさや再発のしやすさが重なるため、効果がないといった意見が多いのでしょう。

脂漏性皮膚炎は薬だけに頼っていては治らない

以上のようなことを踏まえると、やはり脂漏性皮膚炎は薬を使用するだけでは治らないと思っておくべきです。

 

決してニゾラールが効かないわけではないのですが、ニゾラールによる殺菌や抗菌だけでは脂漏性皮膚炎は改善しません。

 

 

もし脂漏性皮膚炎を改善したいのであれば、やはり生活習慣の改善やスキンケアに力を入れる必要があるでしょう。

 

脂漏性皮膚炎のようなデリケートなトラブルは、スキンケア用品やその使用方法を一つ間違うだけでも症状が悪化してしまいます。

 

そのため、まずは適切なスキンケアを行うことを心がけましょう。

 

 

もし、どのようなスキンケア用品を使えばいいか分からないようであれば、

こんな化粧水もあった!脂漏性皮膚炎に効くおすすめの化粧品まとめといった記事を参考にしてみてください。

 

また、頭皮の脂漏性皮膚炎に悩んでいるのであれば、

脂漏性皮膚炎で使うべきシャンプーの選び方:おすすめのシャンプー

頭皮のかゆみや脂漏性皮膚炎に効く?おすすめの頭皮用ローションはコレ!などが参考になるかと思います。

 

 

生活習慣に関しては

要注意!脂漏性皮膚炎を悪化させる4つの行動とはを読むと、どのように改善していけば良いかが分かりやすいでしょう。

 

このような努力をすることは根気がいりますし大変ですが、薬だけに頼って楽をしようとした分、脂漏性皮膚炎はどんどん長引くと思っておいたほうがいいでしょう。

 

改めてご自身の脂漏性皮膚炎のケアついて見直していただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする