脂漏性皮膚炎の痒み(かゆみ)はこう抑える!オススメの方法とは

 

こんにちは、テツです。

 

脂漏性皮膚炎にはさまざまな症状がありますが、その中でも痒み(かゆみ)に悩む人は少なくないでしょう。

 

かゆみが起こるのは、主に頭皮の脂漏性皮膚炎の場合だと思いますが、私も症状がひどい時期はかゆみが強かったです。

  

たまにかゆくなる程度ならいいのですが、いつもかゆみがあると結構ツラいです。

 

今回は、そんな脂漏性皮膚炎のかゆみを抑える方法について紹介したいと思います。

肌質や状態によって変わる可能性がある

かゆみを抑える前に知っておいてほしいことがあります。

 

それは、合う方法は人によって違うということ。

 

これは私が勝手に言っているのではなく、実際に脂漏性皮膚炎のかゆみに悩む人の意見から分かっていることです。

 

 

たとえば、同じ方法を使っても『Aさんはかゆみが軽減したが、Bさんはかゆみが増した』という結果になることもあります。

 

私の場合でいえば、頭皮ニキビが併発していたため、ニキビを悪化させる可能性がある方法は使えませんでした。

 

 

もともとの肌質が乾燥肌なのか、脂性肌なのか、などによっても変わってくるでしょう。

 

そのため、誰にでも合う万能なものを求めるのではなく、あくまで自分に合うものを見つけることが大切 です。

一般的に考えられるかゆみを抑える方法

まずは、一般的によく言われる方法について紹介したいと思います。

 

方法はいくつかありますが、このなかでも自分に合うもの合わないものがあるはずです。

 

私にも合うもの合わないものがありました。

 

まずはこの中から自分に合いそうなものを考えてみましょう。

かゆみに効くシャンプーの使用

皮膚科でもすすめられるため、使用したことがある人も多いかもしれませんが、

シャンプーのなかには、かゆみを抑える成分が入ったシャンプーがあります。

 

実際に私もいくつか使ってきました。

今でも使ってはいますが、個人的にはシャンプーにかゆみを抑える効果はあまり求めていません。

 

シャンプーにかゆみを抑える成分を入れても、そこまで期待はできないと思っているので。

 

 

とは言っても、シャンプーを変えてみること自体はすごく重要です。

 

これは、シャンプーによってかゆみを抑えるという意味ではなく、

今使っているシャンプーがかゆみの原因になっている可能性があるからです。

 

このような場合であれば、シャンプーを変えることによって、かゆみを解消することもできるでしょう。

 

 

また、なかにはかゆみを抑える薬用シャンプーによってかゆみが軽減したという人もいます。

 

一番有名なのは 『  持田ヘルスケア コラージュフルフルネクスト  』でしょう。

 皮膚科でもすすめられているシャンプーです。

 

私には合いませんでしたが....

 

 

ただ、どちらにせよ頭皮の脂漏性皮膚炎おいてシャンプー選びは重要ですから、ある程度気を遣うべきでしょう。

 

シャンプーについて詳しく知りたいという人は【脂漏性皮膚炎で使うべきシャンプーの選び方:おすすめのシャンプー 】を合わせて読んでみてください。

食生活の改善

食生活の改善は、皮膚科や脂漏性皮膚炎のサイトでよく言われていることです。

 

実際に食生活は大切ですが、かゆみを抑えるという意味では、食生活よりも優先して行うべきことがあると思います。

 

そのため、個人的には食生活の優先順位はそこまで高くないです。

薬の使用(ステロイドなど)

数ある方法のなかでも、薬は一番即効性があると思われているでしょう。

 

しかし、薬の効果は基本的に使用している間だけだと思っておいたほうがいいです。

 

使用しているときはかゆみを軽減してくれますが、使用をやめると元に戻ります。

 

そして、薬にずっと頼っていると効果は徐々に薄くなります。

 

 

また、脂漏性皮膚炎ではステロイドが使われることも多いですが、ステロイドには副作用があります。

 

たとえば、長期間ステロイドを使っていると、使用をやめたとき余計に炎症がひどくなったり、免疫力の低下によって症状が悪化したりという可能性もあります。

 

 

薬は一番効くように見えますが、実はこのようなデメリットも多く、長期的に見ると薬を使っても治らないことは多いです。

 

もちろん薬やステロイドがダメというわけではないですが、もし使うのであれば、医師の細かい指導のもと慎重に行うべきですし、薬に頼り切るのは避けるべきでしょう。

 

ちなみに、私は脂漏性皮膚炎に加えて頭皮ニキビなどが併発していたため、ステロイドはほぼ使えませんでした。

筆者が使ってきたのはコレ

ここからは、わたしがかゆみを抑えるためにやってきたことを紹介したいと思います。

 

私としては、ここまで紹介したものよりも効果を感じたので、参考にしていただければと思います。

日頃の行動に気をつける

日頃の生活の中にも、かゆみを悪化させる原因はあります。

 

その中でも私が特に気をつけていたのは『汗と睡眠』です。

 

 

まず汗についてですが、汗をかいたときは必ずと言っていいほど、かゆみが増していました。

 

特に私の場合は汗っかきなので、汗によってかゆみを感じることが多かったです。

 

そのため、できるだけ汗を放置しないようにしていました。

 

 

具体的には、朝起きて軽く頭皮をぬるま湯で流したり、こまめにタオルで拭いたり、帰宅後すぐにシャワーを浴びたりなどです。

 

寝ている間は自分が思っている以上に汗をかいてますから、朝頭皮を流すのは効果的だったと思います。

 

かゆみのためだけでなく、炎症を悪化させないためにも汗への対策は行ったほうが良いでしょう。

 

 

そして睡眠についてですが、睡眠不足のときには頭皮がかゆくなりやすかったです。

 

これは私の体質による影響もあるかもしれませんが、睡眠をしっかりとっている時のほうがかゆみが抑えられていたので、毎日の睡眠時間の確保には気を遣っていました。

 

睡眠なんてあまり効果がなさそうに感じるかもしれませんが、私にとってはかなり効果がありました。

 

睡眠不足になりがちな人は、ぜひ一度試してみてください。

頭皮ケアを行う

私がかゆみを抑えるために使っていたメインのアイテムは、頭皮用のローションです。

 

頭皮用ローションのなかでも、湿疹や炎症への影響を考えて、より肌に優しいものを選んでました。

 

ローションは頭皮に直接塗るため効果が高いですし、肌に優しいものを選べば薬のような副作用もありません。

 リスクなくかゆみを抑えられるでしょう。

 

ちなみに私が使っていたのは『頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」 』です。

 

脂漏性皮膚炎のケアに使っている人は多いので知っているかもしれませんが、もし使ったことがなければ一度使ってみて下さい。

 

頭皮用のローションについては

頭皮のかゆみや脂漏性皮膚炎に効く?おすすめの頭皮用ローションはコレ!】でも紹介しているので、気になるかたは合わせて読んでみて下さい。

食生活よりはこっち!

私にとってローションと同じくらい効果的だったのが、サプリメントの摂取です。

 

ただし、私の使っていた方法は、ひとにはオススメしにくい方法です。

 

というのも、一般的な所要量を超えてサプリメントを摂っていたからです。

 

 

もちろん、過剰に摂取しても特に副作用がない栄養素なので、全く問題なく使用できましたし、効果も高かったのですが、さすがにオススメとは言いずらいですね。

 

ただ、サプリメントの摂取量は自分で調整すれば良いので、一般的な所要量で試してみるのも良いでしょう。

 

私がどのようなサプリを摂っていたか気になる人は

脂漏性皮膚炎にはサプリメントが効果的?私が飲んでいるサプリはコレ】こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

いろいろ試して自分に合うものを見つけるしかない

いくつか紹介したので、「結局何が一番良いのか分からない」と思う人もいるかもしれませんね。

 

しかし、日頃の行動や生活習慣、そして体質が人それぞれ異なる以上、結局は色々試してみて自分に合うものを見つけるしかありません。

 

ぜひ今回の記事を参考にかゆみ対策を行ってみて下さい。