実は乾燥が脂漏性皮膚炎を悪化させている!必須の保湿方法&保湿剤とは

 

こんにちは、テツです。

 

今回は脂漏性皮膚炎における乾燥や保湿について紹介しようかと思います。

 

脂漏性皮膚炎と言えば皮脂が主な原因であるため、乾燥を感じる人は少ないかもしれません。

 

ですが脂漏性皮膚炎の人には、乾燥によって症状が悪化している人も少なくないのです。

乾燥すると脂漏性皮膚炎はどうなる?

なぜ、乾燥によって脂漏性皮膚炎が悪化するのかというと、一つは乾燥が皮脂の過剰分泌を促すからです。

 

実は、脂漏性皮膚炎の人はインナードライであることも多いのです。

 

 

インナードライとは、皮膚の表面は皮脂がたくさん分泌しているにも関わらず、その内側は乾き、潤いが足りていない状態です。

 

これは、本来乾燥しきっている皮膚が必死で潤いを保とうと皮脂を過剰に分泌してしまうことで起こります。

 

皮脂の過剰分泌が起これば、脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチアが皮脂をエサに繁殖していまいますから、症状が悪化してしまうことは言うまでもないでしょう。

 

 

つまり、この場合においては乾燥が脂漏性皮膚炎の原因になっていると言えます。

 

もちろん、実際の脂漏性皮膚炎は複合的な要因によって起こることも多いですから、乾燥さえ防げば治るといった単純なものではありませんが。

 

 

また、インナードライの厄介なところは、皮膚の表面が皮脂によって潤っているため、乾燥によって皮脂の過剰分泌が起きていることに気づきにくい点です。

 

自分がインナードライであることに気づかずに、皮脂を落としすぎている人も少なくないのです。

 

これでは、

< 乾燥⇒皮脂の過剰分泌⇒皮脂を落としすぎる⇒乾燥 >

という負のサイクルが繰り返され、症状は一向に治りません。

 

それどころか、どんどん悪化していく可能性さえあります。

 

そのため、脂漏性皮膚炎を治したければ、できる限り乾燥を防ぐ必要があります。

原因は洗浄しすぎによる乾燥

このような乾燥による皮脂の過剰分泌は、洗浄のしすぎによって起こることが多いです。

 

たとえば、皮脂をしっかり落とそうとスカルプシャンプーなど洗浄力の強いシャンプーを使ったり、市販の安価なシャンプーを使ったりすることで乾燥が起きていることも少なくありません。

 

また、このようなシャンプーは、ただ洗浄力が強いというだけでなく、頭皮に負担をかける成分が含まれていることも多いです。

 

そのため、洗浄力の強さや負担の大きさによって頭皮環境が悪くなってしまうのです。

 

 

これは乾燥を招くだけではなく、頭皮のバリア機能の低下を引き起こすこともあります。

 

頭皮のバリア機能が低下してしまえば、より脂漏性皮膚炎になりやすく悪化しやすい環境が作られてしまうため注意が必要です。

洗浄のしすぎや皮膚への負担を減らすには

これらを防ぐには、やはり品質が良く頭皮に優しいシャンプーを使う必要があります。

 

たとえば、私が使ってる.N(ドットエヌ)というオーガニックシャンプーは頭皮トラブルを抱える人でも安心して使えます。

 

多くの人は、脂漏性皮膚炎には薬用の抗菌シャンプーを使わなければならないと思いがちですが、実際はそんなことはありません。

 

むしろ、抗菌シャンプーに頼っても脂漏性皮膚炎への効果を感じれない人は多いです。私自身もその一人でした。

 

場合によっては抗菌シャンプーに含まれる成分が刺激となり、症状を悪化させることだって考えられるのです。 

 

 

そのため、脂漏性皮膚炎=抗菌シャンプー』という安易な考えは危険でもあります。

 

それ以上に大事なのは、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを見つけることです。

 

どちらにせよ、シャンプーのみの力で脂漏性皮膚炎を治すというのは現実的ではありませんから、品質が良く頭皮に優しいものを使うのが一番良いのでは?と私は思っています。

 

もちろん、フルフルなどの抗菌シャンプーが合うような人は、そのまま抗菌シャンプーを使ってもよいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎に使うシャンプーについて詳しく知りたい方は

脂漏性皮膚炎で使うべきシャンプーの選び方:おすすめのシャンプーという記事を参考にしてみてください。

 

また、先ほど例に挙げたドットエヌについては

オーガニックシャンプー.N(ドットエヌ)って本当にイイの?でレビューを書いているので、良ければ参考にしてみてください。

保湿のしすぎもダメ?

 ここまで、脂漏性皮膚炎にとって乾燥はダメということで色々紹介しましたが、一つだけ注意点があります。

 

それは、乾燥がダメだからといって保湿をしすぎても良くないということです。

 

なぜダメなのかというと、理由は以下の2つです。

 

・油分の含まれる保湿剤によって脂漏性皮膚炎が悪化する

・皮膚の生理機能(バリア機能など)が衰える

 

といっても、油分が多く含まれる保湿剤を避け、過度な保湿剤の使用をしなければ基本的には問題ないかと思います。

 

これらに関しては

脂漏性皮膚炎はあえて保湿しないほうがいい?保湿すべきかしないべきかといった記事で既に紹介しているので、気になる人は合わせて読んでみてください。

脂漏性皮膚炎でも使える保湿剤

最後に、私自身も使ってきた保湿剤について紹介しておきます。

 

私は頭皮を保湿するために、頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」 を使用してきました。

 

このローションは、頭皮のかゆみを抑え適度に保湿することによって、その名の通り頭皮をすこやかに保ってくれます。

 

また、このローションの良いところは、脂漏性皮膚炎の肌にも安心して使えるところです。

 

脂漏性皮膚炎になった肌は非常にデリケートで、刺激のある成分が含まれていたりするとかゆみや湿疹を悪化させることがあります。

 

ですから、これはシャンプーにも言えることですが、どれだけ肌に優しい成分であるかということが脂漏性皮膚炎においては非常に重要です。

 

頭皮用のローションに関しては、

頭皮のかゆみや脂漏性皮膚炎に効く?おすすめの頭皮用ローションはコレ!という記事でも紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

 

以上、脂漏性皮膚炎における乾燥や保湿についてでした。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする