肌断食によって脂漏性皮膚炎が発症?肌断食のメリット&デメリット

 

こんにちは、テツです。

 

肌トラブルを改善する方法として、肌断食が挙げられることがあるのはご存知でしょうか。

 

肌断食とは、化粧品を使用するスキンケアやメイクを一切行わず、洗顔は水(お湯)のみで行うことです。

 

ただし、この定義には曖昧な部分もあり、軽いメイクや石鹸を使った洗顔を行うような場合でも肌断食と呼ばれることがあります。

 

なので、現在使用している化粧品をできるだけ使わないようにすることが肌断食だと思っておけばよいでしょう。

 

 

肌断食は基本的には良いものとされていますが、実はデメリットもあり、場合によっては脂漏性皮膚炎に大きく関わってくることもあるのです。

 

今回は、『肌断食のメリット&デメリット』や『脂漏性皮膚炎との関係性』について紹介したいと思います。

肌断食のメリット

肌断食に肌トラブルを改善する効果があると言われるのは、肌断食を行うことによって肌本来の力が取り戻されるからです。

 

メイクが肌に負担をかけることは言うまでもありませんが、実は洗顔や化粧水などの使用も肌にとってはデメリットになる場合があるのです。

 

化粧水や洗顔などに頼って肌を清潔に保つことは可能ですが、これら化粧品の使用は外的な力によって肌をコントロールしています。

 

適度な使用であれば問題ありませんが、この外的なコントロールに頼りすぎてしまうと、本来肌が持つ生理機能が衰えてしまうことがあるのです。

 

 

生理機能というのは、たとえば肌が傷ついた際には自然と細胞を修復する機能が働きますし、雑菌や外部からの刺激に対してはバリア機能が働きます。

 

健康な肌であれば、このような機能がしっかりと働いています。

 

ですが、過剰なケアを行いすぎてしまうと、肌は自らの機能を使用する必要がなくなるため、免疫力やバリア機能の低下などが起きてしまいます。

 

例えるなら、甘やかされて育った子供が大人になって働かずに出来損なうみたいな感じでしょうか。笑

 

 

また、これだけでなく、過剰なスキンケアが肌へ負担をかけていることも少なくありません。

 

そのため、過剰なスキンケアによる負担をなくすことや肌本来の力を取り戻すことが肌断食の目的なのです。

肌断食のデメリット

以上のように、肌断食によるメリットは大きいのですが、冒頭でも言った通りデメリットもあります。

 

その一つは、一時的に肌の調子が悪くなることです。

 

今まで過剰なスキンケアによって甘やかしてきた肌ですから、突然スキンケアを控えても、すぐに順応できるわけではありません。

 

そのため、

 

・肌が乾燥する

・皮脂の過剰分泌が起こる

・毛穴が広がる

・角栓が増える

 

といった状態になる可能性もあります。

 

もちろん、これを乗り越えて肌が本来の力を取り戻してくれれば良いのですが、この際に気をつけなければいけないのが、脂漏性皮膚炎の発症です。

 

実は、肌断食をしたばっかりに脂漏性性皮膚炎になってしまうこともあるのです。

 

これでは肌本来の力を取り戻すどころか、むしろ肌の力が失われ、肌断食を行う前より悪い状態になってしまうでしょう。

 

そのため、もし肌断食を行うのであれば、急にすべてをやめるのではなく、徐々に化粧品を使う量や頻度を減らしていくといった方法をとるべきでしょう。

 

 

また、肌断食にはもう一つデメリットがあります。

 

それは、本来持った肌の力以上に強くなることはないということです。

 

どういうことかというと、生まれつき肌が弱い人が肌断食を行ったとしても、元々持った肌以上に強くするのは難しいのです。

 

つまり、生まれながらにしてアトピーや肌トラブルを起こしやすい人が肌断食を行っても、効果は薄いどころか余計にトラブルを招く可能性もあるということです。

 

このような人の場合にも、肌断食によって脂漏性皮膚炎が発症する可能性は高いでしょう。

 

大きなメリットのある肌断食も、場合によっては深刻な肌トラブルにつながってしまうということを忘れないでください。

脂漏性皮膚炎の人は肌断食をしても良い?

ここまでの内容を踏まえると、「脂漏性皮膚炎の人は絶対肌断食をしてはいけない」と考えるかもしれません。

 

ですが、実際にはそうとも限らないのです。

 

基本的には脂漏性皮膚炎に肌断食はNGですが、場合によっては赤みやかゆみの軽減につながることもあるのです。

 

実際に、肌断食によって脂漏性皮膚炎の症状が落ち着いたという例もあるようです。

 

 

おそらくですが、これには先ほど説明した『元々持った肌の力』が関係しているのではないかと思います。

 

たとえば、生まれつきアレルギー性皮膚炎になりやすい体質の人であれば、肌断食を行っても肌トラブルを招くだけになるかもしれません。

 

ですが、元々平均的な肌の強さを持っていた人が、強い外的要因によって脂漏性皮膚炎を発症してしまった場合、肌断食がその効果を発揮することもあるでしょう。

 

 

つまり、元々の体質次第では、肌断食によって脂漏性皮膚炎が軽減する可能性も考えられるということです。

 

ただし、実際に自分の本来の肌の強さがどれくらいであるか分かっている人なんて少ないでしょうから、結局肌断食のリスクが高いことには変わりないでしょう。

 

そのため、脂漏性皮膚炎の場合には、やはり肌断食を行うよりもある程度は化粧品に頼って治していくほうが無難かと思います。

 

 

もちろん、無駄なメイクや化粧品をなくし、必要な化粧品だけを使用するという方法であれば、ぜひとも取り入れるべきでしょう。

 

完全な肌断食ではなく、これくらいのプチ断食が脂漏性皮膚炎にはベストではないかと思います。

 

ちなみに、脂漏性皮膚炎にオススメの化粧品は

こんな化粧水もあった!脂漏性皮膚炎に効くおすすめの化粧品まとめ という記事で紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

 

 

 

もし肌断食を考えていたのであれば、完全な肌断食を行うのではなく、プチ肌断食くらいにしておきましょう。

 

そしてその際には、現在肌に負担をかけている可能性がある化粧品の使用をやめ、脂漏性皮膚炎に合った化粧品に変えるようにしましょう。