脂漏性皮膚炎の原因って結局なに?私の原因はコレでした。

 

こんにちは、テツです。

 

当ブログでは、私の脂漏性皮膚炎をもとに、さまざまな記事を書いていますが、

今回は

そもそも脂漏性皮膚炎の原因は何なのか

私の原因はなんだったのか』ということについてお話ししたいと思います。 

 脂漏性皮膚炎の原因って?

脂漏性皮膚炎の主な原因は、皮脂の過剰分泌によるマラセチア(真菌)の増殖と言われていますが、実は細かい部分についてはハッキリしていないこともあるとか。

 

一応は、遺伝的要因、環境的要因、精神的ストレスなど、ざまざまな要因が関与した多因子疾患と考えられているようです。

 

ただ、このような医学的根拠に基づく原因というのは、いまある説が数年後には否定されるなんてこともありますよね。

 

実際、私が脂漏性皮膚炎の治療をしてきた10年間でも、それまで脂漏性皮膚炎に効くとされていた成分が、実はあまり良くない成分だったということもあったようです。(皮膚科の先生いわく)

何という成分だったか忘れましたが….

 

そのため、医学的な原因を私たち素人が明確に理解するというのは難しいのかもしれません。

 

とりあえずは『皮脂の過剰分泌によって起こる』ということが分かっていれば良いのかなぁと思います。

私たちが知るべきなのは、身近に潜む原因

医学的な原因を知るのは、私たちにとって少々ハードルが高いかもしれませんが、

身近にひそむ脂漏性皮膚炎のきっかけ(原因)を把握することは可能です。

 

これらに関しては、自分自身の身体の状態を見て、直接判断できるからです。

 

 

私もこれまで、身近な行動や生活習慣などによるきっかけ を意識してきました。

 

たとえば、「整髪料が悪かったんじゃないか?」といったことを考えるなどです。

 

私は、皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断されるまでは髪を染め、毎日整髪料を付けるという生活をしていました。

 

そして、そのような生活を続けていくうちに、髪の毛が徐々に脂っぽくなっていきました。

 

脂漏性皮膚炎になった当時の私は、「これも原因の一つなんじゃないか」と思い、それ以来ヘアカラーや整髪料の使用を一切やめました。

 

 

また、私は汗っかきな体質で、日頃から汗をかくことが多かったのですが、

あるとき、夏場や汗をかいた次の日に脂漏性皮膚炎が悪化しやすいことに気づきました。

 

当時は肉体労働のバイトもしていたため、私はそのバイトをやめ、できるだけ汗を放置しないよう気をつけました。

 

もちろん、これだけで脂漏性皮膚炎が治ったわけではないです。

 

しかし、このようなことに気を遣うことで、結果として脂漏性皮膚炎の悪化を防止することや症状を抑えることに成功しました。

 

そのため、日頃の行動や生活の中にある身近な原因こそ、私たちが意識的に改善していくべきものではないかと思います。

私はコレで脂漏性皮膚炎に

 

ここからは、私自身の脂漏性皮膚炎の原因についてお話ししたいと思います。

 

すでに少し言ってしまいましたが、私の原因はヘアカラーや整髪料の多用に加えて、汗っかきな体質と睡眠習慣の悪さが重なって頭皮環境を悪化させてしまいました。

 

さらに加えると、おそらくもともとの体質がこのような影響を受けやすかったのだと思います。

睡眠不足の日には、必ずといっていいほど吹き出物ができるような身体なので。

 

 

また、頭皮の脂漏性皮膚炎はシャンプーが原因となっていることも多いです。

 

刺激の強いシャンプーは脂漏性皮膚炎を引き起こしたり悪化させたりしますから、

頭皮の脂漏性皮膚炎においてシャンプー選びはとても重要です。

 

基本的には、一度発症してしまうとシャンプーを変えるだけで治すことは難しいでしょう。

 

ただ、いま以上に症状を悪化させないため、長い目で見て頭皮環境を改善していくためにも、シャンプーを選びに力を入れることは重要です。

 

 

もしシャンプーについて詳しく知りたいのであれば、『脂漏性皮膚炎で使うべきシャンプーの選び方:おすすめのシャンプー』を参考にしてみて下さい。

『体質+きっかけ』によって発症する

これは個人的な意見ですが、脂漏性皮膚炎はもともとの体質による影響も大きいのではないかと思っています。

 

具体的には

 

・脂性肌の人

・乾燥肌の人

・アトピー体質の人

 

など、このような体質の人は脂漏性皮膚炎になりやすいでしょう。

 

このような体質に加えて、ある行動や生活習慣が引き金となって発症するというパターンが多いかと思います。

 

ただ、もともとの体質に関しては仕方ないですから、やはりその引き金となった行動や生活習慣=身近に潜むきっかけを把握することが重要です。

 体質ときっかけをできる限り把握しておこう

先ほども言ったように、脂漏性皮膚炎を引き起こしているきっかけを知るには、自分の行動や生活習慣の中にある原因に目を向けたほうがいいでしょう。

 

そして、それを知るには自分自身の体質も知っていたほうが良いです。

 

たとえば、もともとが乾燥肌の人であれば、シャンプーの洗浄力が強すぎることがきっかけになっているかもしれません。

 

汗っかきで脂性肌の人なら、この二つで脂漏性皮膚炎が起きやすい環境を作っているかもしれません。

 

 

このような身近に潜む原因に目を向けることも脂漏性皮膚炎を治す上では大切ですので、一度自分の生活を見直していただけたらと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする